中小零細企業経営者の心の拠り所となります。

代表者からのご挨拶

こんにちは。代表者の塙健一郎(はなわけんいちろう)です。

2016年12月、塙公認会計士事務所を開設しました。

振り返ると、学生時代は本当に無目的に過ごし、目の前のお金欲しさにアルバイト中心の生活(和洋中の飲食店調理、接客、工事現場の警備員、引っ越し業者、家庭教師、塾講師、夜間清掃、ドラム缶工場など)を送っていました。そんな無目的な生活を悔いる自分が他方にあり、人生にきちんとした目的を見出したい。そのような思いから、母方の叔父の影響もあり、大学卒業後、公認会計士になることを目指し上京しました。1996年の事です。

受験時代、新聞配達員生活(奨学金を頂いていました)などを経て、26歳2度目の受験で公認会計士試験2次試験に合格。合格後はいわゆる四大監査法人の一つで、充実した生活(他方で仕事中心で肉体的・精神的には苦しいこともありましたが)を過ごしていましたが、企業を内部から支えたいとの思いが強く、40歳を目前にして一大決心の上で転職。社是とビジョンを心底大切に経営を行っている気鋭の不動産情報サイト運営会社(上場企業)に財務経理部門責任者として従事し、社長含めた経営陣からのみならず同僚・部下からも多くの刺激を受けてきました。

その後、人生の転機となる身近な人の死に直面し、人生におけるバランスのとり方への深い後悔を覚え、人生を見つめ直す目的で、イギリスのマネジメント教育機関であるHult Ashridge Executive Education※へ留学しました。同校はいわゆるFull-timeの学生と、仕事に従事しながら通学しているPart-timeの学生(いわゆるExecutive MBAの学生)が、同じクラスを履修するという少し変わった形態を採用しており(通常、両者は完全に分離されています)、学生として日本では経験したことがない双方向的な授業を受けたり、相当程度集中的に論文を読んだり書いたりということ自体も貴重な経験でしたが、それ以上に総勢80名程度の多国籍で(南アフリカやイラン出身者なども)、多様な(アフリカの地方王族出身者、マッキンゼー出身者や現役企業経営者なども)同窓生と触れ合う機会を得るなど、40歳を過ぎていたにも関わらず、多くの得難い、忘れ得ぬ経験をすることが出来ました。

2016年末、同校修了を機に帰国し、株式会社未来カ(Miraika)を立ち上げるとともに、公認会計士として塙公認会計事務所を開設、スタートいたし、現在に至ります。

当事務所のミッションである「中小零細企業経営者の、心の拠り所となる。」ことを目指し、信頼を大切にした事務所運営を心がけてまいります。どうぞ末永く、よろしくお願いいたします。

公認会計士・税理士 塙健一郎


※経営学修士というと学ぶことは戦略やマーケティングなどが中心と考えられがちですが、同校がもともと企業向けリーダーシップ研修に強みを持つビジネススクールであることもあり、対人スキルやリーダーシップ、サステイナビリティなども含む多様な分野をカバーするコース構成になっていました。

お気軽にお問合せください TEL 03-5844-6413 お問い合わせ時間9:00 - 17:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 塙公認会計士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.